赤ひげ

冬の間は、男性ホルモンを蓄積する時期だそう

動物の牡鹿は、非常に繁殖能力が強いらしいのですが、人間もこの牡鹿に習っていくと良いということを、とある学会後のお医者様のお話でありました。

 

お酒の席での話ですが、結構真面目な話題でした。

40代後半から50代、果ては60代70代のおじさんが、身を乗り出すようにして聞いていたので、切実な悩みだってことですよね。

 

で、やり方は簡単で、牡鹿の繁殖期は4月~9月まで。

10月から3月末までは、基本的に次の季節に向けて、スタミナ補給に徹してるのだそうです。この間に牝鹿は一人で出産して子育てしてるわけですから、偉いですよね……て

 

なので、今はまさに、次の繁殖期に向けてのコツコツとした努力のシーズンなわけです。

まず、牡鹿は冬の間もずっと狩をし続けます。木の実や笹の葉的な葉緑素を取りながら日光の不足を補い、ビタミンCを摂取します。さらに、雪山を歩きまわるので下半身を鍛えています。

 

これと同じことを人間もやればいいってことで、冬の間に腹筋とスクワット、または四股、そしてみかんやりんごをしこたま食べて、ナッツ類も頬張る……さらに、なるべく葉緑素の多いもの……

 

ほうれん草とかを食べるってことですね。意外と簡単だし、妻に買ってきてもらうのも抵抗がないですな。

シトルリンが大量に含まれるSuica

スイカでシトルリンを補給して赤ひげ的悩みを解決する。

西瓜の皮の白い部分には、シトルリンという成分が多く含まれていて、この部分を何とかして食べると、赤ひげ的なお悩みの手助けになります。

 

例えば、普通に食べるのに白い部分までガツガツ食べるのもいいですし、

この部分を妻か彼女に頼んで浅漬にしてもらうのもいいと思います。

 

熊本や鹿児島にはスイカの皮の白い部分の浅漬やつけものがあるそうで、さすがは火の国とかごんまの女達は、男を立てることを良く心得てるってことですな。

 

それから、私がやっているのはスイカをジュースにして飲んでいます。

低温ジューサーで青い部分は覗いて、スイカ本体を入れると、かなり美味しい飲み物です。塩をちょっと足すと、かなり美味しい。

 

suika asomur

赤ひげ薬局的お悩み解決ブログ 

このブログは、赤ひげ薬局的なお悩み全般を扱うブログです。

男性はもちろん、女性のお悩みもOK.

いろんなお悩みを解決するためのアドバイスや、正しい情報をここで上げていきます。

あくまで同じ悩みを持つ視点に立ったブログですので、病気などの心配がある人は、医療の専門家をお訪ね下さい。